VCからの資金調達を考えるスタートアップの心得

起業を考えている方や資金調達を考えている方に取って、資金戦略は成功に必要な条件です。今回は、SSIでおこなわれたイベント「ITスタートアップのための資金調達と資本政策(グロービス経営大学院専任准教授 山中礼二氏による講義)」をベースにスタートアップの資金繰りの基礎をまとめます。

VC(ベンチャーキャピタル)とは?

1.ソーシング

2.投資

3.経営支援

4.売却

 

をおもにおこなっている投資会社です。そして、2(投資)と3(売却)の間に企業の価値が上がれば、それが収益となります。

スライド1

投資家やVCの資金によってVCファンドができ、VCはその運用者という位置づけになります。

スライド02

VCから投資を受けるまでの流れは、通常以下のようになります。起業家と投資家がmtgを重ね、お互いの条件がマッチした場合に成立します。

スライド03

基本的な用語の確認

ではここで、基本的な用語の意味を確認しましょう。

 

・Valuation

Valuationとは、市場で具現化された企業価値のこと、または適切な企業価値を計算するプロセスのことを意味します。

スライド04

・Post-money Valuation

(本質的な価値に関わらず)、実際の株価に基づいて、「計算上の企業価値(Equity Value)」を算出することができます。直近の株価に、発行済総株式数をかけたものが、”Post-money Valuation”です。

スライド05

・Pre-money Valuation

交渉の際に、Pre-money Valuationが使われることもしばしばあります。
 
シリーズAのPre-money Valuation
=(シリーズA株価)×(シリーズA「前」の時点での総発行済株式数)です。

スライド06

投資のタイミングと調達額の決定

増資のタイミング

増資は、多額の投資を受ければ成功というわけではありません。以下の3元連立方程式を満たすような増資を適切なタイミングで行うことが重要です。

スライド07

調達額

自社の事業戦略を財務戦略に落とし込み、資本政策(経営陣の持分希薄化)を考慮しながら、資金調達額を決めます。

スライド08

(参考)

下記のケースでは、約200百万円のエクイティ・ファイナンスを行いながら、
経営陣+友人・知人で50%のシェアを保っています。

スライド09

資金調達の際には、「持分維持」と「十分な金額の調達」のどちらが重要か考え、結論を出します。

スライド10

ただし、高いValuation(つまり高い株価)で合意することができれば、少ない数の新株発行で(つまり、自分の持分比率の低下を防ぎながら)、大きな金額を集めることができます。

スライド11

ITスタートアップの株価算定〜VC視点〜

ソーシング(発掘)

VCの投資先選定は、以下のようなステップになります。

スライド12

株価設定における3つの基準

では、株価はいくらに設定すれば良いのか。以下の3つの基準を軸として、決定します。

スライド13

株価(企業価値)算定方法

株価の計算には、以下のような3通りの算出方法があります。

VCがスタートアップの株価を計算する時には、主としてVC-Methodを利用します。

スライド14

VC-Methodの流れ

VC-Methodでは、以下のような流れで投資を検討します。

スライド15

その他の投資判断基準

またVCは、以下の項目を基準として投資するかの判断をおこなっていきます。



スライド18

 

最後はフィーリングで決める

ですが、ここに載っているもの以外の要素も当然入ってきます。それは「フィーリング」です。

 

投資家にとっても起業家にとっても相性というものは存在するので、「客観的なメリット」と「フィーリング」を大切にして、ベストな選択をして下さい。

文:サムライインキュベート千葉勝太



億越えの資金調達を狙いたきゃコロラドへ行け!なぜ世界のスタートアップはコロラドに流れるのか?

先日、今密かに盛り上がるコロラドのスタートアップ事情をご紹介させていただきましたが、コロラドの魅力はなんといってもシリーズA以降の資金調達のしやすさです。アーリーステージ以降のスタートアップへの投資を専門にするVCの充実大学や行政との連携により、起業家育成やEXITへのエコシステムが整っています。本日はそんなコロラドを本拠地とするVCの特徴を、昨年発表されたDENVER VENTURE CAPITAL REPORT 2013をもとにご紹介していきます。

⑴ テック系だけじゃない、コロラドに集まるVCの投資領域

コロラドには様々な分野で投資活動を行うVCが充実しています。下記グラフは現在投資活動を行う主要VCの投資金額を年別で分類したものですが、大きく分けてハードウェア系、ヘルスケア系、エネルギー系、メディア系、テック系、その他の6分野に分類することができます。2008年から2012年までを比較してみると、盛り上がりをみせるのがテック系、ヘルスケア系、エネルギー系(クリーンテック)と言えそうです。徐々に伸びているメディア系の分野にも注目です。その実際にはそれぞれの領域に特化したVCが単体で活動を行うというよりも、テック系もヘルスケア系も投資するといったような、一つのVCでもそれぞれの分野のスペシャリストを集め、様々な領域で投資活動をおこなっているのが実情です。

⑵ シリーズA以降の調達が充実

下記グラフは2008年から2012年までの期間でのコロラドVCの投資ステージの推移です。2008年ではミドルステージに注力したVCが多く存在しましたが、徐々にアーリーステージに特化したVCが増加してきています。また、2012年のシードステージは1%と、かなり少ない印象を受けますが、世界トップレベルのシードアクセラレーターであるTechstarsが存在するため、シードステージのスタートアップでも質が保たれています。Techstarsがレベルの高いスタートアップを育て、それ以降のVCにつなぐためのフローがコロラド地域の中でしっかりと形成されています。つまりシリコンバレーではかなり難しいと言われるシリーズA以降の調達も、コロラドなら調達しやすい環境が整っています。実際に2014年に入っても、コロラドVCのディール額は合計約164億円を超えています。

⑶ ではコロラドのEXITの実例は?

コロラドでのEXIT事例もそのほとんどがM&Aとなっています。一番大きな事例はAssociate ContentがYahoo!に$90Mで買収されたものですが、基本的には$10Mを上回る額での事例が多いです。調達やEXITの規模としては日本と近い印象があります。日本の起業家の皆さんも、一度コロラドでVCをまわってみてはいかがでしょうか。

一緒にコロラドへ行きましょう!

【SVS in シリコンバレー&コロラドに参加するスタートアップ、事業会社募集】

サムライインキュベートが10月12日(土)〜10月18日(土)にアメリカツアーを開催します。
ツアー中はSVSをシリコンバレーコロラドの2ヵ所での開催や、現地VC・エンジェルを回ります。
もちろんアポ同行も可能です。現地VCからの資金調達、海外展開をお考えの方、ツアーにご興味ある方はお気軽にご連絡下さい。

【ツアースケジュール】

10/12(日)日本・東京⇒シリコンバレー
10/13(月)シリコンバレー
10/14(火)第4回SVSシリコンバレー
10/15(水)シリコンバレー⇒コロラド
10/16(木)第1回SVSコロラド
10/17(金)コロラド
10/18(土)コロラド⇒日本・東京

【参加対象者】

■資金調達を狙う、シード・アーリーステージのスタートアップ
■スタートアップに興味がある事業会社の新規事業担当者等

担当者連絡先

株式会社サムライインキュベート
担当:寺久保拓摩
連絡先:takuma.terakubo@samurai-incubate.asia

今密かに盛り上がる新たなスタートアップの聖地〜コロラドが注目される3つの理由〜

シリコンバレー、シアトル、ニューヨークなど常に世界で注目されるスタートアップシーンに加え、今密かに盛り上がりをみせ、新たな注目の的となっているのがコロラドです。コロラドはアメリカ合衆国西部に位置し、アメリカ一平均標高が高い街とも呼ばれています。そんなコロラドでスタートアップする魅力とは?本日はそんなコロラドスタートアップに今注目すべき理由をいくつかご紹介いたします。

⑴ シードアクセラレーターの老舗、Techstarsの本拠地

言わずと知れたシードアクセラレーターTechstarsが本社を構え、コロラドではそれを中心にスタートアップコミュニティが形成させています。昨年のSXSW内で発表されたリッチモンド大学の調査チームによるUSベストアクセラレーター15ではYcombinatorに続き、第2位のアワードを獲得しています。また、Techstarsは現在までに228社への出資実績をもち、近年ではTechstarsはディズニー等とOEMでアクセラレータープログラムを開始したことでも注目を浴びています。

⑵ シリーズA以降のファンディングが充実


シリコンバレーではかなり難しいと言われるシリーズA以降の調達も、コロラドなら調達しやすい環境が整っています。アーリーやそれ以降のステージに特化したVCが多く存在し、世界トップレベルのシードアクセラレーターであるTechstarsから次のファンディングまでのフローが地域の中でしっかりと形成されています。コロラドは狭いコミュニティですが、その中でも今年の4半期だけでの主要22VCのディール額は合計約164億円を超えています。

⑶ 大自然に囲まれた開発環境


そもそもですが、資金調達のしやすさ、アクセラレター・VCの充実よりも大切なのはスタートアップが仕事をする環境ではないでしょうか。シリコンバレーの海よりも山派、ニューヨークの大都会よりも静かな街が好き。そんな方にはコロラドでのスタートアップをオススメします。アメリカ一平均標高が高いと言われるコロラドでは、4つの国立公園に囲まれた美しい自然環境の中仕事ができます。音楽好きには有名なRed Rocksのコンサートや、世界の絶景ランキングには常連のイエローストーン国立公園もコロラド州に位置しています。他にもアメリカ随一のビールの名産地であったりと、コロラドの環境は多くの人々を魅了しています。近年ではシリコンバレーからコロラドに流れる起業家も多いようです。

一緒にコロラドへ行きましょう!

【SVS in シリコンバレー&コロラドに参加するスタートアップ募集】

2014年10月12〜18日の期間でSVS in シリコンバレー&コロラドを開催します。日本スタートアップのピッチツアーとして、コロラドのTechstartsの本社や、言わずと知れたスタートアップの聖地シリコンバレーを回ります。現地投資家にアプローチできるチャンスですので、資金調達、海外展開をお考えの際は、お気軽にご連絡下さい。ツアー中は現地VCやエンジェルを回ります。アポ同行も可能です!

【SVS in シリコンバレー&コロラドに参加する協賛企業様募集】

2014年10月12〜18日の期間でSVS in シリコンバレー&コロラドを開催します。イベント開催に加え、現地スタートアップの拠点をいくつか回ります。現地スタートアップにアプローチできるチャンスですので、ベンチャー投資、海外への事業展開、新規事業創出等、スタートアップコミュニティに興味をお持ちのご担当者様は、お気軽にご連絡下さい。

SVS in コロラド詳細
SVS in シリコンバレー詳細

担当者連絡先

株式会社サムライインキュベート
担当:寺久保拓摩
連絡先:takuma.terakubo@samurai-incubate.asia