イスラエルの大型EXIT5選〜100億円以上で買収されたセキュリティスタートアップ特集〜

 イスラエルでは、ほぼすべての市民と永住権を持つ男女は18歳で徴兵されます。男性は3年、女性は2年。その兵役を終え、優秀な軍体験者はイスラエル軍諜報部隊ユニット8200に入隊します。そこでサイバー攻撃&防御を主要任務にするため、セキュリティに強い人材が非常に多く輩出されます。

 また、イスラエル政府はなんと1日に100万回ものサイバー攻撃からその身を守っており、イスラエル電力公社(IEC)も世界中から1時間に1万回ということは常時サイバー攻撃に晒されているそうです。その分、サイバー攻撃防衛に関するあらゆるノウハウや傾向、対策も蓄積されていることを逆手にとり、「サイバージム(Cyber Gym)」というサイバー攻撃対策の防衛訓練を合宿形式で行う事業をスタートさせました。いまや、イスラエル企業の社員がサイバー攻撃対策の訓練を受けに来る大人気講座になりました。

 そのような背景もあり、イスラエルではセキュリティに強い人材が非常に多く存在します。もちろん、彼らが作ったスタートアップが海外の大手企業から買収される事例も数多くあります。今日はその中で4社の大型買収案件をご紹介します。また、上場したセキュリティ企業もご紹介します。(参照:イスラテック資料)

大型買収①:Trusteer

スクリーンショット 2014-08-30 17.41.39

買収金額:約650億円
買収時期:2013.08.15
買収会社:IBM
概要:企業ネットワーク、携帯端末、ウェブアプリケーションのサイバー犯罪からの保護

大型買収②:Cyvera(サイヴェラ)

Cyvera-292x75
買収金額:約200億円
買収時期:2014.3.19
買収会社:Palo Alto Networks
概要:エンドポイントでの未知のゼロデイ攻撃をブロックする独自のアプローチを使用することで、サイバー脅威から企業を保護する。(ゼロデイサイバー攻撃とは、ビジネスを運営する無数のシステム、アプリケーション、およびデバイスに依存している企業、政府、サービスプロバイダにとって最大の脅威となります。)

大型買収③:Fraud Sciences

fraud

買収金額:約160億円
買収時期:2008
買収会社:eBay
概要:取引を自動検証して不正を防止する、ECサイト向けソリューション

大型買収④:Cyota

cyota_283_224_1

買収金額:約145億円
買収時期:2005
買収会社:RSAセキュリティ社
概要:サイバースタートアップ/不正防止ソフトウェア会社

IPO:Check Point Software Technologies

スクリーンショット 2014-08-30 17.29.12

時価総額:約1.3兆円
上場時期:1996
証券取引所:NASDAQ
概要:ファイアウォールの生みの親

投稿者:サムライインキュベート両角将太@ryokado