イスラエル行こう!渡航経験した経営者によるイスラエル報告会のお知らせ

israel_event

先日の日本・イスラエル航空当局間協議により、日本イスラエル間の直行便も決まり、さらに近くなったイスラエル。イスラエルに興味を持つ日本人の皆さんのために、報告会イベント(2015/7/22(水)19時〜)を開催します!

このイベントはシリーズ化を前提としており、実際に現地に渡った日本人たちによる報告会を実施することで、今後イスラエルに行きたい方々への手助けとなれるようなイベントを目指します。

【イベントページ】第2回SAMURAI ISRAEL報告会〜イスラエルに赴いた日本人スタートアップたち〜

第2回SAMURAI ISRAEL報告会【Capy、セカイラボ、イスラテック登壇】
今回登壇するスタートアップは、Capy、セカイラボ、イスラテックの3社。CapyはMicrosoft VenturesのAccelerate Programに参加しており、数ヶ月間テルアビブで生活していました。また、第11回サムライベンチャーサミットで登壇した際には、イスラエルの中高教育や、軍隊でのテクノロジー教育など、興味深いお話をされていました。

また、中国最大のクラウドソーシング『猪八戒』と提携し、何かと話題のセカイラボさんは、最近イスラエルにも渡航してきたとのことで、現地で何をされてきたのか、話せる範囲でレポートをして頂きます。

そして、イスラテックは、イスラエルにお詳しい方にはお馴染みのスタートアップですが、弊社のイスラエル渡航もフルサポートして頂き、そのご縁で弊社から出資もさせて頂いております。

その他、これまでイスラエルに行かれた方々や、これから行きたいスタートアップ関係者の方々、9月にDLDという最大規模のスタートアップイベント@イスラエルに行かれる方々、など多数集まる予定ですので、イスラエルに興味のある方は、ぜひお越しくださいませ!

投稿者:サムライインキュベート両角将太@ryokado

億越えの資金調達を狙いたきゃコロラドへ行け!なぜ世界のスタートアップはコロラドに流れるのか?

先日、今密かに盛り上がるコロラドのスタートアップ事情をご紹介させていただきましたが、コロラドの魅力はなんといってもシリーズA以降の資金調達のしやすさです。アーリーステージ以降のスタートアップへの投資を専門にするVCの充実大学や行政との連携により、起業家育成やEXITへのエコシステムが整っています。本日はそんなコロラドを本拠地とするVCの特徴を、昨年発表されたDENVER VENTURE CAPITAL REPORT 2013をもとにご紹介していきます。

⑴ テック系だけじゃない、コロラドに集まるVCの投資領域

コロラドには様々な分野で投資活動を行うVCが充実しています。下記グラフは現在投資活動を行う主要VCの投資金額を年別で分類したものですが、大きく分けてハードウェア系、ヘルスケア系、エネルギー系、メディア系、テック系、その他の6分野に分類することができます。2008年から2012年までを比較してみると、盛り上がりをみせるのがテック系、ヘルスケア系、エネルギー系(クリーンテック)と言えそうです。徐々に伸びているメディア系の分野にも注目です。その実際にはそれぞれの領域に特化したVCが単体で活動を行うというよりも、テック系もヘルスケア系も投資するといったような、一つのVCでもそれぞれの分野のスペシャリストを集め、様々な領域で投資活動をおこなっているのが実情です。

⑵ シリーズA以降の調達が充実

下記グラフは2008年から2012年までの期間でのコロラドVCの投資ステージの推移です。2008年ではミドルステージに注力したVCが多く存在しましたが、徐々にアーリーステージに特化したVCが増加してきています。また、2012年のシードステージは1%と、かなり少ない印象を受けますが、世界トップレベルのシードアクセラレーターであるTechstarsが存在するため、シードステージのスタートアップでも質が保たれています。Techstarsがレベルの高いスタートアップを育て、それ以降のVCにつなぐためのフローがコロラド地域の中でしっかりと形成されています。つまりシリコンバレーではかなり難しいと言われるシリーズA以降の調達も、コロラドなら調達しやすい環境が整っています。実際に2014年に入っても、コロラドVCのディール額は合計約164億円を超えています。

⑶ ではコロラドのEXITの実例は?

コロラドでのEXIT事例もそのほとんどがM&Aとなっています。一番大きな事例はAssociate ContentがYahoo!に$90Mで買収されたものですが、基本的には$10Mを上回る額での事例が多いです。調達やEXITの規模としては日本と近い印象があります。日本の起業家の皆さんも、一度コロラドでVCをまわってみてはいかがでしょうか。

一緒にコロラドへ行きましょう!

【SVS in シリコンバレー&コロラドに参加するスタートアップ、事業会社募集】

サムライインキュベートが10月12日(土)〜10月18日(土)にアメリカツアーを開催します。
ツアー中はSVSをシリコンバレーコロラドの2ヵ所での開催や、現地VC・エンジェルを回ります。
もちろんアポ同行も可能です。現地VCからの資金調達、海外展開をお考えの方、ツアーにご興味ある方はお気軽にご連絡下さい。

【ツアースケジュール】

10/12(日)日本・東京⇒シリコンバレー
10/13(月)シリコンバレー
10/14(火)第4回SVSシリコンバレー
10/15(水)シリコンバレー⇒コロラド
10/16(木)第1回SVSコロラド
10/17(金)コロラド
10/18(土)コロラド⇒日本・東京

【参加対象者】

■資金調達を狙う、シード・アーリーステージのスタートアップ
■スタートアップに興味がある事業会社の新規事業担当者等

担当者連絡先

株式会社サムライインキュベート
担当:寺久保拓摩
連絡先:takuma.terakubo@samurai-incubate.asia

今密かに盛り上がる新たなスタートアップの聖地〜コロラドが注目される3つの理由〜

シリコンバレー、シアトル、ニューヨークなど常に世界で注目されるスタートアップシーンに加え、今密かに盛り上がりをみせ、新たな注目の的となっているのがコロラドです。コロラドはアメリカ合衆国西部に位置し、アメリカ一平均標高が高い街とも呼ばれています。そんなコロラドでスタートアップする魅力とは?本日はそんなコロラドスタートアップに今注目すべき理由をいくつかご紹介いたします。

⑴ シードアクセラレーターの老舗、Techstarsの本拠地

言わずと知れたシードアクセラレーターTechstarsが本社を構え、コロラドではそれを中心にスタートアップコミュニティが形成させています。昨年のSXSW内で発表されたリッチモンド大学の調査チームによるUSベストアクセラレーター15ではYcombinatorに続き、第2位のアワードを獲得しています。また、Techstarsは現在までに228社への出資実績をもち、近年ではTechstarsはディズニー等とOEMでアクセラレータープログラムを開始したことでも注目を浴びています。

⑵ シリーズA以降のファンディングが充実


シリコンバレーではかなり難しいと言われるシリーズA以降の調達も、コロラドなら調達しやすい環境が整っています。アーリーやそれ以降のステージに特化したVCが多く存在し、世界トップレベルのシードアクセラレーターであるTechstarsから次のファンディングまでのフローが地域の中でしっかりと形成されています。コロラドは狭いコミュニティですが、その中でも今年の4半期だけでの主要22VCのディール額は合計約164億円を超えています。

⑶ 大自然に囲まれた開発環境


そもそもですが、資金調達のしやすさ、アクセラレター・VCの充実よりも大切なのはスタートアップが仕事をする環境ではないでしょうか。シリコンバレーの海よりも山派、ニューヨークの大都会よりも静かな街が好き。そんな方にはコロラドでのスタートアップをオススメします。アメリカ一平均標高が高いと言われるコロラドでは、4つの国立公園に囲まれた美しい自然環境の中仕事ができます。音楽好きには有名なRed Rocksのコンサートや、世界の絶景ランキングには常連のイエローストーン国立公園もコロラド州に位置しています。他にもアメリカ随一のビールの名産地であったりと、コロラドの環境は多くの人々を魅了しています。近年ではシリコンバレーからコロラドに流れる起業家も多いようです。

一緒にコロラドへ行きましょう!

【SVS in シリコンバレー&コロラドに参加するスタートアップ募集】

2014年10月12〜18日の期間でSVS in シリコンバレー&コロラドを開催します。日本スタートアップのピッチツアーとして、コロラドのTechstartsの本社や、言わずと知れたスタートアップの聖地シリコンバレーを回ります。現地投資家にアプローチできるチャンスですので、資金調達、海外展開をお考えの際は、お気軽にご連絡下さい。ツアー中は現地VCやエンジェルを回ります。アポ同行も可能です!

【SVS in シリコンバレー&コロラドに参加する協賛企業様募集】

2014年10月12〜18日の期間でSVS in シリコンバレー&コロラドを開催します。イベント開催に加え、現地スタートアップの拠点をいくつか回ります。現地スタートアップにアプローチできるチャンスですので、ベンチャー投資、海外への事業展開、新規事業創出等、スタートアップコミュニティに興味をお持ちのご担当者様は、お気軽にご連絡下さい。

SVS in コロラド詳細
SVS in シリコンバレー詳細

担当者連絡先

株式会社サムライインキュベート
担当:寺久保拓摩
連絡先:takuma.terakubo@samurai-incubate.asia

【週刊 SAMURAI SALON 第4号】SAMURAIイスラエル始動〜イスラエル大物VCへのアプローチ方法 ほか

サムライ榊原、ついにイスラエルへ出発!

5/15、ついにサムライインキュベートのCEO榊原健太郎がイスラエルに向けて旅立ちました。
仲間に見送られて旅立つ姿は、まさにサムライそのもの!
「できるできないでなく、やるかやらないかで世界を変える」という野望に向けたイスラエルでの挑戦に、スタートアップ界の注目も高まっています。
しかし、「具体的にイスラエルでなにをするのか」という部分に関してはあまり知られていないのではないでしょうか。
そこで今回は特別に、サムライインキュベートが運営するオンラインサロンで配信した情報の一部をご紹介いたします。

 

 

 

【Samurai Salon】先週の記事一覧

「SamuraiSalon」イスラエル裏話~イスラエルに行ってからの3ケ月~
投稿者:榊原健太郎

今回は、イスラエルに到着した弊社CEOの榊原健太郎が、イスラエル到着後3ケ月で具体的に何をするかまとめます。
到着から現地ピッチイベントの開催までの道のりを、8つのプロセスでご紹介しています。

 

①5月中旬:榊原家探し、決定

②5月中旬:SamuraiHouse探し、決定
③5月下旬:イスラエルVC、インキュベーター、エンジェル100社アポ、訪問、取材
④6月中旬:SamuraiHouseローンチパーティー実施
⑤6月下旬:Samuraiナイト(Samurai House内イベント)毎週開始
⑥7月上旬:SamuraiHouseへ起業家入居開始
⑦7月下旬:SamuraiHouse入居者へ投資開始
⑧8月:現地で投資ピッチイベント(イスラエル版SSD)開始
新天地でゼロから新しいものを作り出す具体的なプロセスをご説明しますので、海外を狙う起業家必見です!
先週イスラエルへ向けて出発したばかりの榊原がお届けする生の情報を、是非チェックして下さい!

 

 

 

「SamuraiSalon」広報ネタ切り口ポイント
投稿者:両角将太

広報が効果的に宣伝活動をしていくための情報を、弊社広報担当の両角将太がご紹介するシリーズ。
今回は、リリース時に絶対にチェックすべき5つの重要ポイントをご紹介します。
前回は「広報ネタの切り口」をご紹介しましたが、今回はそのネタをもとにどのように効果的な広報記事を書くかという
部分をご説明します。
広報の方だけでなく、自社サービスの認知度を上げたい方は必見です!

 

 

Samurai Salon 会員交流

Samurai Salon」では一方的な情報配信ではなく、起業家ネットワークの拠点となることを目標としています!
そのため配信する情報だけではなく、会員の皆様による情報交換もSalonを盛り上げています。
様々な分野の最先端にいる方々が集まっているので、ここから未来を変えるコラボレーションが生まれるかもしれません!

また、スタートアップのネットワークを加速させるために、「SamuraiSalonオフ会」も計画中です! 

 ご期待下さい!

 

Samurai Salon 〜無料で起業相談も!?〜

サムライインキュベートが運営する、会員制オンラインサロン「Samurai Salon」。
ここでは、スタートアップの最先端の情報を日本とイスラエルから発信しています!
また会員特典として、スタートアップに関するご質問にも極力お答えしています。
他にもイベント招待など、特典満載!
是非サムライインキュベートを使い倒して下さい!
詳しくは、「Samurai Salon」まで!

 

 

 

 

投稿者:千葉勝太

 

 

 

【週刊SamuraiSalon 第3号】ついに今週、サムライ榊原がイスラエル進出!ほか

SamuraiSalon 満席!!

サムライインキュベートが天王洲アイルからお届けする情報サロン【SamuraiSalon】。

じわじわとサロンに仲間が集まり、今期サロンメンバーの定員200席もおかげさまで満席となりました!(追記:増席しました!)ありがとうございます!

現在は約400名のサロンメンバーが、日々オンラインで情報交換しています。これに満足せず、日本中にいるサムライを後押しできるよう最新情報をお届けしていきます!

 

SamuraiSalon】 先週の記事一覧

 

「SamuraiSalon」広報ネタ切り口リスト

投稿者:両角将太
弊社広報担当の両角が、広報のネタを考える時の切り口をご紹介します。
広報勉強会をしたときに講師さん(@Pressさん)に教わったリストを参考にご紹介します。
広報活動の重要なポイントである「量」と「質」どちらのアップにも効果的な内容ですので、是非参考にして下さい。

 

 

 

「Samurai Salon」海外スタートアップ情報

投稿者:寺久保拓摩
日本ではあまり知られていない海外の最先端スタートアップ情報をご紹介するポスト。
今回はイスラエルのスタートアップ、Consumer Physics, Inc. が開発中の手のひらサイズのセンサー「SCiO」をご紹介します。

 

 

 

「Samurai Salon」イスラエル経済情報

投稿者:千葉勝太
スタートアップはもちろん、大企業のR&Dにとっても今大注目の「イスラエル」。
今回は、イスラエルの経済成長の推移を具体的な数字とともにご紹介します。
数字により経済成長を具体化することで、今まで見えていなかった経済の特性を理解できます。
是非、参考にして下さい。

 

 

 

「Samurai Salon」スポーツ×IT情報

投稿者:寺久保拓摩
今年注目されているスポーツとITの融合分野の最新の情報をご紹介します。
今回は、アディダスが提供するアスリートのコンディションをモニタリングするサービスをご紹介します。
有名プロスポーツチームでも既に導入されている技術で、大衆向けに広がりつつあります。
スポーツ界で今まで抽象的だったものを数値化し、より適切なトレーニングができるようになりつつあります。
変革期を迎えたスポーツ界に、今後も注目です。

 

 

 

「SamuraiSalon」知財情報

投稿者:安藤庄平
知らないと絶対に損をする知的財産の法律情報をお届けします。
今回は、スタートアップにとって重要な「コストをかけずにアイデアを守る」ということにフォーカスした方法をご紹介します。
また、すぐに実行可能なようにオススメのツールもあわせてご紹介します。

 

 

 

「SamuraiSalon」おまけ

キングコングの西野さんから頂いた、弊社榊原健太郎あてのメッセージ動画をサロン会員限定でご紹介します。

 

 

サロンに入るとできるコト

・スタートアップ関連の最新情報を毎日受信できる!

・サムライインキュベートのメンバーに、質問ができる!

・イベントに安く参加できる!

・仲間が作れる!

 

 

コスパは無限大!

 オンラインサロンのコストパフォーマンスを決めるのは、会員の皆様です。

使い倒したもん勝ちです!!

サムライインキュベートは、会員の皆様にサロンを使い倒してもらうことを願っています。

そのため情報の配信はもちろん、質問や意見にも最大限答えていきます。

都心だけではなく、世界中のサムライに【SamuraiSalon】を使い倒して頂ければ幸せです。

 

 

 

【20名限定 追加募集決定!】

今期の会員は満席とお伝えしましたが、本日より限定20名の追加募集を行うことが決定しました!

次回募集は未定ですので、この機会に是非試してみて下さい!

初月無料キャンペーンは継続中です!!!

お申し込みはコチラ

 全国の皆様、お待ちしてます!

 

 

 

投稿者:千葉勝太

 

 

 

【英語の都市伝説3選】 だからあなたは英語ができない

ネイティブが語る【ここがヘンだよ日本の英語】

 

 

 

 

 

「オマエ何年英語勉強シテルノ?」
「んーと、中高合わせて6年…かな」
「What!? 6年勉強シテテソレ(笑)。」
「(´・_・`)」

 

 
いきなり茶番をすみません。笑
こんにちは。
サムライインキュベートの千葉勝太です。

 

 

さきほどご紹介したのは、私がカナダに留学した時の友人との会話です。
確かに、言われてみるとおかしいですよね…。
「6年留学してたわ(ドヤァ)」と言われると、英語ペラペラは当たり前。
しかし
「6年英語勉強してました…(ボソッ)」という日本人は、実際ほとんど英語が話せません。
一体、何故なのでしょうか?

 

 

 

14億人と友達になれる魔法のコトバ

 

 
ケンブリッジ大学の発表によると、
現在、英語を公用語として話している人口は世界に約14億人いると言われています。
公用語としてではなく英語を使用している人も多く存在するので、
世界の4人に1人が英語を話せる」とも言われています。

 

 

 

今や海外市場を狙うスタートアップはもちろん、サラリーマンや学生にとっても英語は避けては通れない道となっています。
社内の公用語を英語にする企業も増えてきていますよね。

 

 

実はサムライインキュベートでも昨日、イスラエル進出に向けて
社内公用語を英語化する」という方針が発表されました。

 

 

 

さて、「できて当たり前」という時代が到来しつつある英語ですが、
なぜこれほどまでに英語ができないのか…?
疑問に思う方も多いのではないのでしょうか。

 

 

今回は、英語ネイティブの先生に聞いた「間違って広まっている英語都市伝説」を検証します。

 

 

 

【都市伝説1 とりあえず留学】

海外に行けば、英語が話せるようになる!と思っている方も多いと思いますが、実際行ってみると学習効率はあまり高くありません。
日本でほとんどインプットをせず海外に出て、海外でも1人でインプットをし続ける…。
といった状況に陥ってしまうことも多いようです。
また、カリキュラムに沿った集団授業が一般的であるため、このカリキュラムが合わなかった時は地獄です。
英語の学習で大切なのは、
インプットとアウトプットを最速で回す
ということ。
つまり、学習したことを表現する場が多いほどいいです。

 

 

 
実はこれ、日本にいてもできます。しかもより効率的に!
インプットは市販の教材で自習し、アウトプットはオンライン英会話などを継続的におこなえば
留学と同等の効果を得ることができます。

 

 
少し前に「ひきこもり留学」というワードが流行っていましたよね!
部屋にこもって、ひたすら暗記とオンライン英会話を繰り返す。
英語だけを目的とするのであれば、こういった方法も効果的です。

 

 

 

【都市伝説2 とりあえず文法】

 

 

 

英語を勉強しようと思い立った時、あなたは何から始めますか?
学校教育が染み付いている日本人は、つい文法書に手を出してしまいがちです。
ですが、ネイティブ曰く「文法なんて勉強すんなよ」だそうです。
(TOEIC等のスコアが緊急に必要な場合は別ですが…)

 

 

 

実際ネイティブは、文法問題を正解することはできてもその理由までは説明できません。
「この文なんか気持ち悪い…」と感覚的に解答します。
直感的に解答することの是非は別として、この感覚は非ネイティブでも割とすぐに身につけることができます。
リーディングや会話の中で、この感覚は養われます。
その後に文法の法則を確認していけば、より効果的に文法を理解することができます。

 

 

 
かといって単語の知識は欠かせないので、
単語・リーディング・リスニング・スピーキング…そのうち文法
くらいのスタンスがベストだと思います。
当然、最低限の文法は必須です!

 

 

 

【都市伝説3 日本人は英語が話せない?】

この記事を見て頂いているということは、多少なりとも英語に不安を抱いているのだと思います。
しかし安心してください。
100%あなたは英語を話せます
海外の人に「日本語話せる?」と聞くと、ほぼ「Yes!」と返ってきます。
ただ結局話せるのは、「コンニチハ!スシ!」くらいです。
一方日本人はに「英語話せる?」と聞くと、ほぼ「No」と言います。
でも、簡単な自己紹介くらい皆さんできますよね?
つまり、「英語が話せる」というハードルが、日本人は非常に高いのです。
そのため、アウトプットの機会が少なくなり、結果として上達スピードが落ちます。

 

 

 
攻撃は最大の防御
アウトプットは最大のインプット

 

 

 

自信を持って、ガンガン自分を表現していきましょう。

 

参考になりましたでしょうか。

SamuraiSalonでは、起業家に有益な情報を配信しています!
こちらもよろしくお願いします!

 

投稿者:千葉勝太