イスラエル行こう!渡航経験した経営者によるイスラエル報告会のお知らせ

israel_event

先日の日本・イスラエル航空当局間協議により、日本イスラエル間の直行便も決まり、さらに近くなったイスラエル。イスラエルに興味を持つ日本人の皆さんのために、報告会イベント(2015/7/22(水)19時〜)を開催します!

このイベントはシリーズ化を前提としており、実際に現地に渡った日本人たちによる報告会を実施することで、今後イスラエルに行きたい方々への手助けとなれるようなイベントを目指します。

【イベントページ】第2回SAMURAI ISRAEL報告会〜イスラエルに赴いた日本人スタートアップたち〜

第2回SAMURAI ISRAEL報告会【Capy、セカイラボ、イスラテック登壇】
今回登壇するスタートアップは、Capy、セカイラボ、イスラテックの3社。CapyはMicrosoft VenturesのAccelerate Programに参加しており、数ヶ月間テルアビブで生活していました。また、第11回サムライベンチャーサミットで登壇した際には、イスラエルの中高教育や、軍隊でのテクノロジー教育など、興味深いお話をされていました。

また、中国最大のクラウドソーシング『猪八戒』と提携し、何かと話題のセカイラボさんは、最近イスラエルにも渡航してきたとのことで、現地で何をされてきたのか、話せる範囲でレポートをして頂きます。

そして、イスラテックは、イスラエルにお詳しい方にはお馴染みのスタートアップですが、弊社のイスラエル渡航もフルサポートして頂き、そのご縁で弊社から出資もさせて頂いております。

その他、これまでイスラエルに行かれた方々や、これから行きたいスタートアップ関係者の方々、9月にDLDという最大規模のスタートアップイベント@イスラエルに行かれる方々、など多数集まる予定ですので、イスラエルに興味のある方は、ぜひお越しくださいませ!

投稿者:サムライインキュベート両角将太@ryokado

ついにIBM BlueHub始動〜選考通過したスタートアップ5社〜

サムライインキュベートの両角です。12/9(火)に、IBM BlueHubで支援するスタートアップ5社をはじめ、メディアやその他関係者を集め、クローズドなキックオフ兼ピッチイベントを開催しました。

IBM BlueHub

中林さん

両角

厳選なる選考を通過された5社を発表いたします。

①YAMAP

YAMAP_Black

サービス概要

携帯の電波が届かない場所・状態でも、スマートフォンにて現在位置が確認できる地図アプリ。

意気込み

IBM様のお力添えをいただきながら、日本の風土の豊かさを再発見する”仕組み”になるよう、YAMAPを成長させて参ります。

②Brand Pit

Brand Pit

サービス概要

画像認識技術を用いたソーシャルメディア分析ツール。

意気込み

日本IBM様やサムライ様の豊富な人材およびノウハウを最大限活用できるよう尽力させていただく所存です。

③テラスマイル

テラスマイル

サービス概要

データ経営で儲かる農業を提案・実践する事業。

意気込み

IBMの頭脳を借りて、次世代の「儲かる農業」を創造します!

④ジーンクエスト

GQロゴデータ

サービス概要

国内初のインターネットを活用した、一般ユーザー向けの大規模ゲノム解析サービス。

意気込み

IBM BlueHubのプログラムを通じて、事業を加速させて参ります。

⑤Link Sports

linksports

サービス概要

スポーツをする全ての人が楽しんで使えるスポーツマネジメントアプリ。

意気込み

新サービスリリース前段階から支援頂けることは非常に嬉しく思っています。採択された以上、必ず目に見える結果を出したいと思います。

 

投稿者:サムライインキュベート両角将太@ryokado

 

女性経営者率1.4%の日本に対し、スタートアップ女子が増える米国〜Google、YC、500startupsなど民間が推進するウーマノミクス〜

日本企業の経営陣に占める女性の割合はなんと1.4%だそうです。
(参照:女性取締役の比率低迷 活躍推進、意識の改革カギ :日経新聞

アメリカが15.2%、ノルウェーでは44.2%に比べると、日本は極端に少ないことがわかります。安倍政権は、アベノミクス3本目の矢「成長戦略」で女性の社会進出を重要課題の一つに挙げました。日本経済を活性化させるため、男女間の格差を解消すべく、2020年までに指導的地位に占める女性の割合を30%程度にすると掲げており、今後力を入れていくそうです。

さて、海外に目を向けてみましょう。スタートアップ支援を行うY combinator(以下、YC)や500startups、その他のベンチャー支援企業は、女性の起業家を奨励しています。

YCでは、CEOのSam Altman氏が自身のブログで女性起業家奨励に関する投稿をしています。YCから出資を受けている、企業価値1億円以上のスタートアップの10%は女性によって経営されており、直近の育成プログラムでは、採択企業の24%が、創業者に1人以上の女性がいるスタートアップだそうです。

また、YCは「Female Founders Conference」というイベントも主催しています。

femaleyc

また、500startupsでは「500 woman」を立ち上げ、女性起業家のサポートをしています。最近では育成プログラムに参加している半分ほどが、女性創業者がいるスタートアップです。

500women

 

それ以外にも、Googleの起業家支援プログラム「Google for Entrepreneurs」は、世界各地のスタートアップ支援コミュニティと提携し、女性起業家をサポートする「#40Forward(フォーティ・フォーワード)」を創設しています。

世界銀行グループの機関である国際金融公社(IFC)とゴールドマン・サックスは、女性起業家を対象とする6億ドル規模の基金を創設しています。

また、「Women’s Startup Lab」という女性特化のアクセラレーターも生まれています。

なぜ女性スタートアップ支援なのか?

なぜスタートアップにはなぜ女性が必要か?というところは様々な議論がありますが、以下のようなところが主な理由として挙げられています。

・女性は男性とは違った目線で物事を考えるため、デザインやマーケティング面で重宝
・消費者・ユーザーは、女性であることが多い(SEO Japan
・性差の不公平を解決したい
・減少し続けている生産年齢人口(15~65歳未満)への対応としての働き手の確保のため
・女性が創設したスタートアップの方が失敗が少ない(Illuminate Venturesの調査

今は男性中心のコミュニティが多いですし、まだまだ課題は多そうですが、より多くの女性起業家が成功して、スタートアップの生態系が進化&多様化していけば、さらに女性の社会進出が進むことを願います。

投稿者:サムライインキュベート両角将太@ryokado