デジハリ×IBM×サムライ主催アイデアソンで生まれたファッション系サービス5連発

Fashion Tech アイデアソン
<G’s ACADEMY × IBM × Samurai Incubate>

10418293_785125728229890_4518370096197256351_n

 

2015/3/21(土)に、渋谷ヒカリエの17Fにあるレバレジーズのオフィスで、女性のファッションとテクノロジーを融合した新規ビジネスプランを考えるアイデアソンが開催された。
(イベントページ:http://everevo.com/event/20537

1459224_785102084898921_6527699569221574925_n

全5チームが優勝を目指し、3時間にわたってビジネスプランを練った。

 

11075155_785109671564829_1980662207282718997_n

hugcom

新しいコミュニケーションをはぐくむための、アクセサリー型ウェアラブルデバイス。
人間関係が希薄になりがちな20代の社会人をターゲットとしている。

ハグコムのアクセサリーをつけた人とハグをすると、情報が蓄積されてアプリで参照できる。

ハグが苦手な場合は、握手でも同様の反応が起きるように設定できる。

おもに、企業向けのマーケティングツールとしてマネタイズする。

10253834_785109651564831_265877504955658300_n

body fitter

ファッションにおいて、ECサイトで買った服のサイズが合わないという課題を解決。
使用者の体を、3Dスキャンするシャツ型のデバイス。
利用者は、ECサイトの購入画面で着用イメージを見ることができ、「この服はここがキツイ!」なども表示することができる。
他にフィットする服をレコメンドすることができ、最適な服をサイト上で見つけやすくする。

また人によってジャストサイズは変わるので、事前に登録して調整できる。

10394518_785109634898166_7426382109664654885_n

cute

わがまま女性のためのスマートネイル。
ネイルがめんどくさいという悩みを解決。
毎日ネイルをしているのは30%に及ぶが、めんどくさい、時間やお金がないという悩みを抱えているというデータがある。
お気に入りの画像をネイルにすることができるだけでなく、ネイラーのためのSNSを通して気に入ったネイルがあれば自分のものに反映できる。

11071515_786198604789269_592908519621899184_n

スマドラ

髪質情報を蓄積するドライヤーとアイロン。
適切な髪質になるよう、その日の湿度なども計算しながら温度調整する
試したい髪型をアプリで選べば、その髪型になるように温度を調整してくれる。

また、他のユーザーの情報もビッグデータ化して、より適した温度に調整してくれる。

11082645_786198501455946_2398968187774443092_n

フィッティングディスプレイ

服選びが面倒という課題を解決する。
試着をして選ぶ事ができる実店舗のメリットと、過去の履歴をデータ化できるネットショッピングのメリットを融合。
お店に訪れると、iBeaconで情報を蓄積。ディスプレイの前に立つと、レコメンドの服を表示してくれる。
お気に入りの服があれば、保存やスタッフに相談などもディスプレイで選択し操作できる。

空きリソースを活用せよ!新規事業ビジネスプランまとめ

2/7(土)に、空きリソースを活用する新たなビジネスモデルを考えるアイデアソンが開催された。
クラウドソーシング事業をはじめ、空きリソースを活用するためのシェアリングサービスが今後も盛り上がると予想されている。
今回のテーマは空きリソースを活用するサービスだが、リソースは人に限定していないので合計7チームで全く異なるサービスが出てきた。

合計7チームの中で優勝して10万円を勝ち取ったのは、主婦向けC2C物流プラットフォームを考えたチーム「OTSUTAKU」だった。

WIndows2015
リソースマッチング・オペレーションズシステム
空き会議室や空き駐車場の活用など、7つのシェアサービスが使えるプラットフォーム

IMG_0702

夢バトン
”人の役に立ちたい”という思いのある高齢者と夢のある若者をつなぐ。高齢者の使い道のない資産を活用。
IMG_0706

どこでもカウンセリング

カウンセリングを直接orテレビ会議を通して行うシステム

IMG_0759

OTSUTAKU
近くにいる主婦に買い物を頼んでもらえるC2C物流プラットフォーム

ビジネスマッチング
中小企業と大企業をマッチングするプラットフォーム。エージェントを仲介することなくマッチング。発注ユーザと受託ユーザだけでなく、自治体ユーザを作ることで、地域広告、地域の企業を巻き込みやすくする。
仲介エージェントを省くことで、発注は個人からもできる。IMG_0757

 

院ジャパン
入院患者リソース活用プラットフォーム
入院患者に仕事を与える事で、入院中の空いているリソースを活用するサービス

IMG_0756

コラボレーションズ
人とアイディアと場所をつなげるプラットフォーム
各種コラボレーションのマッチングをするサービス

終了後は、全員で懇親会と結果発表をおこないました。

活用できていない空きリソースは世の中に多く存在し、まだまだ新たなビジネスが生まれる可能性がありそうです。

社会的なインパクトも大きいビジネスになるので、これを機会にみなさんも空きリソースの活用方法について考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

集合写真

 

ハッカソンでIoT領域を切り拓く〜猫ログやおじいちゃん追跡デバイスなど〜

 
 1/24(土)と1/25(日)の2日間にSamurai Startup IslandでIBMとぷらっとフォーム、サムライインキュベートなどがIoTハッカソンを開催した。ソニーもクラウドファンディングを通し、Qrioというスマートロック事業に参入するなど盛り上がりを見せるが、IoT市場は2020年には世界で71兆ドル規模まで成長すると考えられており、今後目が離せない領域となっている。
 
 今回のハッカソンではセンサーデバイスを使い、ハードウェア系のプロダクトをテーマとしたのが特徴だ。各チームのエンジニアやディレクターがバランスがよく配分され、技術的な議論に偏らず、ビジネス的な観点もうまく取り入れた形で発表に至った。
 
 6チームの発表があったが、どれもTI CC2541というセンサーデバイスを用い、温度センサ/湿度センサ/圧力センサ/加速度計/ジャイロスコープなどの機能があり、それぞれのデータを収集した。また、ぷらっとフォーム社から発売前のOpenBlocksも提供し、ハッカソンに活用した。これらのデバイスの提供により、API提供がない場合でも、これまで収集できなかったデータを用い、ハッカソンができるようになったことがこのイベントのひとつの特徴だ。開発に用いたクラウドはIBMのBluemixで、エンジニアでないメンバーも開発に関わっていたのが印象的だった。
 
 介護向けIoTサービス、遠隔安否確認サービス、洗濯後の自動乾燥通知サービス、など6サービスが生まれた。優勝はチーム前向き君だった。法人向けの会議用デバイスを生み出したチームだ。
 

洗濯アドバイザー〜洗濯物乾燥予測と結果を伝達する洗濯物干しサービス〜

前向き君〜会議中の動きをデータで蓄積し、望ましい会議になるように、アドバイスや他のものと連携するサービス〜

ワンストップおじいちゃん〜徘徊、転倒などのリスクを抱える高齢者の安否確認ができるようにするサービス〜

ねころぐ〜飼い猫の日中の活動・表情をtwitterでおしらせするサービス〜

トータルドアソリューションズ〜遠隔地の住居等のドアの開閉を検知し、内部にいる人間の生存安否、また外出時のセキュリティーを把握するサービス〜

Skin aware〜女性の健康と美容をサポートするサービス〜

集合写真 のコピー 2

ぷらっとフォーム鈴木氏は発表後のコメントで、「クラウドやデバイスなどの進化により、ビジネスを始めるうえでのコストが下がってきたことで、こんなにも短期間でこのレベルで実装ができるようになったことに非常に未来を感じる」と語った。なお、IBMとサムライインキュベートは、こちらのブログでも紹介したが、IoTやビッグデータを扱うスタートアップを支援するIBM BlueHubを開始しており、4〜5月にDEMO DAYの開催を予定している。
 
また、すでに参加者の方からもブログを書いて頂きました。ありがとうございます!
「IoTハック新年会2015」に参加しました
 

投稿者:サムライインキュベート両角将太@ryokado

 

Facebookの「いいね!」機能もハッカソンで生まれた!?敏腕オーガナイザーたちが語る、ハッカソン開催の手引き(保存版)

近年、日本では数多くのハッカソン・アイデアソンが開催されるようになってきました。この手のイベントに興味を持つのは、スタートアップだけでなく、大企業も積極的に参加するようになっています。なぜ、そのようなイベントを開く必要があるのでしょうか?目的や理由は後ほど述べますが、間違いなく興味を持っているビジネスマンは増えています。ハッカソン・アイデアソンのニーズが高まるなか、ついにイベント主催者のためのイベント「ハッカソン、アイデアソンのやり方」が、角川アスキー総合研究所様主催のもと、角川本社にて開催されたので、イベントレポートという形でご紹介します!
当イベントでは、「MashupAwards」等、数々の開発系イベントをプロデュースしてきたリクルートの伴野智樹氏と、Code for Japan 代表の関治之氏が登壇し、ハッカソン・アイデアソンの魅力や開催方法について語っていました。

ハッカソンとは・・・
ハックとマラソンを組み合わせた造語で、プログラマが集まってわいわいとプログラミングをするイベントのことです。Google、Facebookのような企業で頻繁に開催されています。

伴野智樹氏

(株式会社リクルートホールディングス R&D戦略室 メディアテクノロジーラボ)

関治之氏

(合同会社Georepublic Japan CEO / Code for Japan 代表)

なぜ、ハッカソン・アイデアソンを開催するのか?

そもそも、なぜこの手のイベントを開催する人が増えているのでしょう?
ハッカソン・アイデアソン開催の目的は一般的に以下の3つです。

(1)新規事業開発

外部のエンジニアなども自由に参加できるものが多く、オープンな環境で事業創出することが特徴となっています。大手でいうと、インテルは2013年にハッカソン開催を手がける団体「Hacker League」を買収するほど、ハッカソンに力を入れています。買収総額は公開されていませんが、180億円を超えない程度と言われています。インテルは米国やイスラエルでM&Aを繰り返しているように、新しい製品作りに積極的なようです。
また、Facebookのいいね!機能も、Facebook社内のハッカソンで生まれたもので、Facebookは年に16回ものハッカソンを開催しています。

(2)研修・採用活動の一環

企業の社員研修や採用活動の一部としても開催されることもあります。しかも、社内外の交流も兼ねて、事業会社、大学などが開催することも少なくありません。NTTなどはよく研修のために開催している印象があります。

(3)新技術のトライアル

研究開発や、個人的な趣味で新しい技術について研究を深めるために開催されます。Oculus Rift、Swift、iBeaconなど新しい技術やAPIが公開されると、続々とそれを使ったイベントのページが立ち上がる現象が起きます。

3つのイベント開催スタイル

ハッカソンの形式は以下の3つが代表的でしょうか。ハッカソンであれば、それぞれのスタイルで共通することですが、エンジニア、デザイナー、プランナーがバランスよく各チームに所属している必要があります。

(1)自習室型

自習室や企業の会議室などで、もくもくと小規模に開催するスタイル。Mashup Awardsも過去にこの形式をよくとっていたそうです。

(2)チーム参加型

弊社ではその場でチームビルディングをすることが多いですが、予めチームとして参加するスタイルも存在します。

(3)アイデアソン併催・チームビルディング型

このスタイルが最も多いのではないでしょうか。当日会場に到着したら、その場でチームビルディングをしてもらうスタイルです。アイデアを考える時間を十分に確保するため、早い段階でチームビルディングをした方が良いでしょう。また、成果物のレベルをあげるため、同じような興味をもっている人をマッチングさせると尚良いかと。例えば、参加者ひとりひとりにあるテーマに対して回答をしてもらい、自分と近しい人をマッチングするという要領です。

では、どのように開催するのか?

写真は伴野氏が発表したイベント開催の代表的な流れです。これにそってイベントを構成していけば、イベント進行上は問題ないでしょう。また、関氏は分単位で設計しているらしく、個人ワーク、アイスブレイク、ディスカッション、発表、投票、などなど細かくスケジュールに組み込んでいるそうです。

また、イベントでは触れられていませんでしたが、Googleが出しているハッカソンガイドを読むと一連の流れがわかります。

以下のSlideShare資料もよくまとめられていますのでご参考まで:
(オープンデータ活用のための)アイディアソン・ハッカソンを成功させるには

その他運営テクニック

(1)集客

SNSや口コミで集客をするのが一般的です。特に、各分野のコミュニティで告知すると集客がしやすいです。また、今までイベントに来てくれた人をFBグループや名刺リストで、グループ化しておくのも効果的です。なお、集客の途中で特定の分野の人が少ないと気付いたときは、その分野の人(例:エンジニア)だけ追加募集も行っていいでしょう。

また、小手指のテクニックだけではなく、イベント自体に魅力を持たせるため、テーマ作りコミュニティ作りに注力したり、審査員を豪華にすることも必要です。

(2)知的財産権

メディアに載ってしまうと防ぎようがないですし、アイデア自体には価値がなく、実装されて初めて価値のあるものになります。また、ビジネス化を考えているアイデアは口に出さないように、と事前説明を行っているそうです。それから、参加者にはその旨の同意書も書いてもらっているそうです。しかし、どうしても、APIを公開した企業側が成果物を使いたいという要望もあるので、即事業化はしないけれども、説明のネタのひとつとして使う等のやり方もあります。

ハッカソン事例(SSIの場合)

SSIで開催したハッカソン・アイデアソン

弊社Samurai Startup Island(SSI)でもハッカソン・アイデアソンの会場提供や、問い合わせのあった大企業からの要望に応じての開催をしているが、これまで以下のようなイベントを開催してきたので、一部ご紹介します。また、9月頃に大きなハッカソンを国内、海外にて開催予定です(ヒミツ)。8月には医者とエンジニアを混ぜ合わせて医療ハッカソン(8/2-3)を開催予定です。

「花」をテーマにしたアイデアソン Supported byNTT 

「観光」をテーマにしたアイデアソンSuppurted by 富士通 

「言語解析API」を活用したハッカソンSuppurted by JOYSOUND

「位置情報」をテーマにしたハッカソンSuppurted by ゼンリンデータコム 

「働き方」に関するハッカソンSuppurted by NRI(弊社は会場提供のみ)

「金融」に関するハッカソンSuppurted by マネックス(弊社は会場提供のみ)

ハッカソン・アイデアソンを開催したい事業会社募集

弊社側で場所だけではなく、サムライインキュベートによるイベント運営や、ハッカソン開催時における開発環境の提供・サポートも行っているので、興味のある事業会社の方はこちら(イベントコラボ)から受け付けています。

その他サムライインキュベートとコラボしたい事業会社募集

また、他にも事業会社の皆さんとの様々なコラボレーションをこちら(ご要望に応じたコラボ)から受け付けています。

起業家・企業内新規事業担当の方向けオンラインサロン


サムライサロン〜起業・新規事業の最新情報を提供する非公開FBグループ
 

投稿者:サムライインキュベート両角将太@ryokado