【週刊 SAMURAI SALON 第8号】「うどん県」に学ぶ、スタートアップのPR戦略!

近年、情報の流通方法に変化が生まれています。
SNSにより情報拡散のスピードが劇的に加速していることもあり、近年は「知られること」「話題になること」に重きを置いて情報発信する時代と言えます。
計画的か否かはさておき、時にはSNSの炎上でさえも「知られる」という面ではプラスに働くこともあるようです。
このような時代の変化に敏感なのは、ビジネス界だけではありません。
実は地方のPRも、時代の変化に合わせて手法を変えて成功させています。
地方というのは「観光地」などといった商品力には限界があるので、いかにしてPRするのかといった点が集客のカギになります。
そのため時代の特性を踏まえかなり効果的な手法でPRしているので、参考になるはずです。
そこで今回は、マーケティングに成功した地方のPR事例をご紹介します。

 

 

香川県の「うどん県」

「香川県は、『うどん県』に改名いたします」
要潤さんによる迫真の演技でSNS上でも一時期話題になりましたよね。実は香川県には、「改名は本当ですか?」といった内容の問い合わせが殺到したそうです。この時点でまず「知られる」という面ではかなり成功したケースであると言えます。ですが香川県は、さらにその先を行っていました。
「うどん県。それだけじゃない香川県」というのがキャッチコピーですが、実はこのキャッチコピーはかなり秀逸です。
まずは「うどん県」というインパクトがあるコピーによってバズらせて話題を先行させ、その後に「それだけじゃない」という部分に誘導しています。
実際、最初はうどん目的だった観光客が瀬戸内海の魅力に気づき、観光客数は上昇しているようです。
一つの魅力にとことんエッジを効かせてバズらせる手法は、スタートアップにも有効なのではないでしょうか。
SNS拡散によって拡散できればコストも抑えることができるので、香川県のPR戦略は見習いたいところです。
ちなみに、香川県のキャッチコピーは最初「We love うどんでも、うどんだけじゃない!」だったそうです…。
もしこのキャッチコピーを採用していたら、今頃は誰も覚えていないのでは…笑
http://www.my-kagawa.jp/

広島県の「おしい!広島県」

毒舌芸人の有吉弘行さんを起用して、広島県が惜しいと言われるストーリーを面白動画マーケティングなどで展開しました。
かなり自虐的な要素がある動画ですが、若年層を中心に話題となったようです。
ただし、自虐的な動画の中にもしっかり広島県のアピールポイントを組み込んでいるため、
視聴者は楽しみながらも広島県の意外な魅力を知ることができます。
「広島県おしい!委員会」のメンバーには、有吉弘行さんをはじめ、杉原杏璃さん、クロちゃん、西城秀樹さん、達川光男さん、山本浩二さんが参画しています。
キャスティングも、幅広い年齢層にリーチするように構成されていますね。
https://oc-h.jp/about/

福岡市の「カワイイ区」

インターネット上に仮想特区「カワイイ区」を形成してPRしています。
この仮想特区にはオンラインで世界中から住民登録ができ、日本人だけではなく世界に向けてPRをしています。
「カワイイ区」の区長には、カナダ出身のミカエラ・ブレスウェートさんが就任しています。
ミカエラさんは区長としてYouTubeを通して世界に福岡の情報を発信していますが、彼女の情報発信力の高さは凄いです。
YouTubeの総再生回数は約3000万回と、かなり高い人気を誇っています。
「仮想特区」というアイデアと「世界へPR」というのは、スタートアップ支援に熱心な福岡市らしいPRですよね。
http://kawaiiku.jp/

熊本県の「くまもん」

近年、くまもんの無限増殖が確認されています。
それもそのはず。実はこのくまもんは、著作権フリーなんです。
申請をすれば販売目的であっても無料でくまもんグッズを作ることができるので、
日本中で増殖し結果的にPRとして還元されるという手法です。

著作権をフリーにする戦略は、キャラクター自体のマネタイズよりも

PRを優先させる場合には非常に効果的です。
http://kumamon-official.jp/

 

いたるところに転がるPR術

ご紹介したように、企業のPRに取り入れるテクニックは至る所に存在します。

SNSにより情報の流通が変化し、アイデアさえあればコストをかけずにPRをおこなうことができる時代になりました。

スタートアップにとって、低コストでPR効果を出すことは成長の絶対条件と言えるのではないでしょうか。

SamuraiSalonでは、スタートアップ支援のため今後も世の中に存在する意外と知られていないPR術をご紹介していきます。

起業家・企業内新規事業担当の方向けオンラインサロン


サムライサロン〜起業・新規事業の最新情報を提供する非公開FBグループ
投稿者:千葉勝太

 

投稿者:

avatar

Shota Morozumi

アライアンス担当。起業家特化型インタビューブログを運営がきっかけでサムライインキュベートに大学生インターンとして参画、その後正社員として入社。サムライインキュベートが運営するコワーキングスペースSamurai Startup Island(SSI)の立ち上げから運営に携わり、主に、イベントの運営および大企業とのアライアンスを担当している。年間200イベントを開催し、そこで形成した繋がりから20以上の企業とアライアンス関係を構築している。社内での新規事業立ち上げを担当し、海外展開中。また、自らも2つのアプリを開発中。