ホリエモンサロン、一晩で月売上400万を突破!変化する「個性人」の稼ぎ方

堀江貴文サロン開設

会社に縛られずに個性や能力をマネタイズして生きていく。そんな時代が訪れつつある。メルマガのムーブメントを引き起こしたホリエモンこと堀江貴文氏が、次なるメディアとして選んだのが「オンラインサロン」だ。

オンラインサロンとは、Facebookで交流するクローズドなコミュニティで「Synapse」というスタートアップによって運営されている。この「堀江貴文サロン」が圧倒的な勢いで会員数を伸ばしており、7月28日に会員募集を開始してからたったの2日でなんと400人の会員上限が満員となっている。しかも驚くことにこのサロンの会費は、月額1万円

1,000円〜2,000円が相場のサロン界にとっては、かなり高めの値段設定ではないだろうか。老舗の起業家サロン「Samurai Salon」を運営している立場から見ても、かなり強気な値段設定だ。「Samurai Salon」の月会費1,000円と比較すると、いかに強気な値段設定かおわかり頂けるのではないだろうか。それでもこの金額について、実際に申し込んだ会員からは「これだけのコンテンツにしては、むしろ安い」という声も数多く上がっている。

ではこのサロン、一体何を提供していくのだろうか。サロンの案内には、以下のように紹介されている。

<オンライン>
・堀江貴文による投稿、依頼、直接の交流
・各界著名ゲストサロンメンバーの参加
・メンバー限定生放送(質疑応答)
・メンバー限定少人数ビデオチャット

<オフライン>
・月一定例講義&メンバーとのディスカッション
・不定期交流会(オフ会)
・不定期ミニ勉強会
・年2回合宿勉強会

<会員特典>
・各種イベント参加権
・地方講演会招待、優先席
・関連商品、チケット等割引
・その他会員優待多数

どうやら、少数会員制という特性を活かしてオフラインコンテンツがかなり充実している。このコンテンツであれば、ホリエモンファンの方々にとってはリーズナブルに感じるのも納得できる。また、メルマガではカバーできなかった「会員同士の交流」というニーズにもしっかり応えており、「提供される価値」とともに「自然発生する価値」にも期待できる。「堀江貴文サロン」が成功例となれば、ネットリテラシーの高いブロガーのサロン開設ブームに火がつく日は近いかもしれない。

 

あなたにもチャンスがある

 

オンラインサロンは、誰でも開設し自分なりのコンテンツが提供できるという点で無限の可能性を秘めている。ブロガーに限らず全ての人々、例えば今この記事を読んでいる方も、自分が持つ個性をマネタイズすることができる。また、例えば世界一周中の旅人が旅の記録を配信し、その対価として旅を続けるための資金を月会費として受け取る。ある種のクラウドファンディングのような使い道も考えられる。サロン開設費は無料ということなので、ノーリスクでチャレンジしてみてはいかがだろうか。サロンに興味はあるがいきなり高額な月会費はちょっと…という方は、「Samurai Salon」の初月無料キャンペーンを活用してタダでサロンを体験することも可能。

それにしても、たった二日で毎月400万円近い収益を構築した堀江さん、恐るべし…。

投稿者:千葉勝太

起業家・企業内新規事業担当の方向けオンラインサロン


サムライサロン〜起業・新規事業の最新情報を提供する非公開FBグループ

天王洲アイルに出現!一夜限りのBar「SamuraiBar」

一夜限りのBar「Samurai Bar」

2014年7月17日、天王洲アイルに一夜限りのBar

「SamuraiBar」

がオープンしました!

 

コンテンツ

コンテンツは、こんな感じです。

 

>>【18:30】 受付開始

>>【19:00-20:00】 フリータイム

>>【20:00-20:10】 主催者より挨拶&乾杯(サムライバーについて)

>>【20:10-20:25】 サムライシャウト!

>>【20:25-21:45】 フリータイム

>>【21:45-22:00】 締めの挨拶

参加者

参加者は

・起業家

・ベンチャーキャピタリスト
・サロン会員
・学生

 

を中心に、80名を超えました!
サムライらしくお寿司を食べながら、楽しく盛り上がりました。
新たな出会いも多く、とても楽しかったです!

 

サムライシャウト!

参加者の皆様によるサムライシャウト
自社サービスのPR自己紹介などを2分でピッチして頂きました。

 

次回開催決定!

好評につき次回開催が決定!
今回ご参加頂けなかった方も、次回は是非お越し下さい!

お待ちしてます!

イベント情報はFacebookでも随時配信しますので、

こちらもチェックお願いします!

サムライスタートアップアイランド

 

億越えの資金調達を狙いたきゃコロラドへ行け!なぜ世界のスタートアップはコロラドに流れるのか?

先日、今密かに盛り上がるコロラドのスタートアップ事情をご紹介させていただきましたが、コロラドの魅力はなんといってもシリーズA以降の資金調達のしやすさです。アーリーステージ以降のスタートアップへの投資を専門にするVCの充実大学や行政との連携により、起業家育成やEXITへのエコシステムが整っています。本日はそんなコロラドを本拠地とするVCの特徴を、昨年発表されたDENVER VENTURE CAPITAL REPORT 2013をもとにご紹介していきます。

⑴ テック系だけじゃない、コロラドに集まるVCの投資領域

コロラドには様々な分野で投資活動を行うVCが充実しています。下記グラフは現在投資活動を行う主要VCの投資金額を年別で分類したものですが、大きく分けてハードウェア系、ヘルスケア系、エネルギー系、メディア系、テック系、その他の6分野に分類することができます。2008年から2012年までを比較してみると、盛り上がりをみせるのがテック系、ヘルスケア系、エネルギー系(クリーンテック)と言えそうです。徐々に伸びているメディア系の分野にも注目です。その実際にはそれぞれの領域に特化したVCが単体で活動を行うというよりも、テック系もヘルスケア系も投資するといったような、一つのVCでもそれぞれの分野のスペシャリストを集め、様々な領域で投資活動をおこなっているのが実情です。

⑵ シリーズA以降の調達が充実

下記グラフは2008年から2012年までの期間でのコロラドVCの投資ステージの推移です。2008年ではミドルステージに注力したVCが多く存在しましたが、徐々にアーリーステージに特化したVCが増加してきています。また、2012年のシードステージは1%と、かなり少ない印象を受けますが、世界トップレベルのシードアクセラレーターであるTechstarsが存在するため、シードステージのスタートアップでも質が保たれています。Techstarsがレベルの高いスタートアップを育て、それ以降のVCにつなぐためのフローがコロラド地域の中でしっかりと形成されています。つまりシリコンバレーではかなり難しいと言われるシリーズA以降の調達も、コロラドなら調達しやすい環境が整っています。実際に2014年に入っても、コロラドVCのディール額は合計約164億円を超えています。

⑶ ではコロラドのEXITの実例は?

コロラドでのEXIT事例もそのほとんどがM&Aとなっています。一番大きな事例はAssociate ContentがYahoo!に$90Mで買収されたものですが、基本的には$10Mを上回る額での事例が多いです。調達やEXITの規模としては日本と近い印象があります。日本の起業家の皆さんも、一度コロラドでVCをまわってみてはいかがでしょうか。

一緒にコロラドへ行きましょう!

【SVS in シリコンバレー&コロラドに参加するスタートアップ、事業会社募集】

サムライインキュベートが10月12日(土)〜10月18日(土)にアメリカツアーを開催します。
ツアー中はSVSをシリコンバレーコロラドの2ヵ所での開催や、現地VC・エンジェルを回ります。
もちろんアポ同行も可能です。現地VCからの資金調達、海外展開をお考えの方、ツアーにご興味ある方はお気軽にご連絡下さい。

【ツアースケジュール】

10/12(日)日本・東京⇒シリコンバレー
10/13(月)シリコンバレー
10/14(火)第4回SVSシリコンバレー
10/15(水)シリコンバレー⇒コロラド
10/16(木)第1回SVSコロラド
10/17(金)コロラド
10/18(土)コロラド⇒日本・東京

【参加対象者】

■資金調達を狙う、シード・アーリーステージのスタートアップ
■スタートアップに興味がある事業会社の新規事業担当者等

担当者連絡先

株式会社サムライインキュベート
担当:寺久保拓摩
連絡先:takuma.terakubo@samurai-incubate.asia